シャンテ・デーブ

シャンテ・デーブは仏教の大聖人で欧米の仏教関係者にはよく知られている。ただ日本ではあまり知られていなかった。河口慧海がシャンテ・デーブの著作「入菩薩行」を翻訳出版した。

ほんの一部を現代風にアレンジすると

向上可能のこの人生を得ることは非常に難しい。

(人間だけが、今世で魂を向上させれる。輪廻で犬や馬などの時は、魂を向上させることは不可能)

人生の真の目的とは、魂を磨いて真人間になり、神・仏になることである。

もしこの生で救われなければ、あとの生(輪廻した生まれ変わりの次の生命)でどうして救われよう。

今を逃しては救われない。

夜中の真っ暗闇で何も見えない時、雷が光ると、一瞬ものの姿・形が浮び上がる。

そのように、極めてまれに、神仏が現れて、世の中の真実、

実相の世界を説き現す。

 

 

人間の寸法

旧約聖書には多くの数字が書かれている。神殿の寸法、各種神器の寸法などである。仏教でも除夜の鐘は108回つくことになっている。人間の欲望(煩悩)が108種類あることからという説もある。仏教小説「西遊記」の章立ても108である。

2次元の正方形を表す数 2X2=4

3次元の立方体を表す数 3X3X3=27

これらを掛け合わせると 4X27=108

これが人間の寸法とも考えられる。

天照皇大神宮教の神様直伝のお祈りの文字数も108である。(これは最近ある同志から教えていただいた)

参照

umou.hatenablog.com

umou.hatenablog.com

 

神行のしるべ 最後の審判はあるのでしょうか

大神様はお説きになります。

「早く真人間になれ、真人間にならなきゃ、生きる世界がなくなったその時に、真人間の道を説くものは真人間の道を踏んできた者が説かなければウソ、実相世界を説くものは実相世界におって説かなければウソなので、こんな役座(神役者・天使)を天父がつくりました。

天にはダマシ討ちをするような無慈悲な神はない。現象世界が消え行くその前に、次の実相世界を説く天の使いを地上につかわしておいてある。

3000年前釈迦をつかい、2000年前キリストをつかって予言させた世の末が今来ておる。最後の審判は刻一刻迫っておる。早く心の目が覚めたなら、美しい神の国、居眠りしておれば生地獄。

祓い給え、清め給えと祈ったおぼえがあるだろう。祓いますよ、清めますよ、悪霊祓いの大祓いが今やって来る。その時おのれそのものが悪霊につかれておれば悪霊と共に祓われる・・・・・・」と。

最後の審判はいつ、どうして行われるか、私共には知るよしもありませんが、私共は大神様に教えていただいたように正しい神行の道を行じて行き、悔いを千年の後に残すことなく、日々神様に祝福された楽しい生活を送り、心の平和、家庭の平和、部落の平和、国の平和、そして世界の平和を達成するように努めたいと念願しております。

 

 

神行のしるべ 本教は他の宗教とどこが違うのでしょうか

あらゆる宗教はその真髄は一つであるはずです。

教祖と仰がれるお方は「その時その所に応じて、宇宙唯一の神様に使われて説かせられたのであります。ところが時移るにしたがい、そのお教えには後世の人々の自我解釈が混じり法力もなくなり、現代即ち末世の私共を救う力を失って来ております。もはや人の力では救われぬ段階になりました。この時大なる神様が直接御肉体をもって地上に天下られたのです。大神様は神力をもって神の国建設の大聖業を開始せられました。神様の大慈悲をもって、あらゆる誠心持に対して、タダで教えタダでお救い下さっておられます。

天照皇大神宮教こそは末世即現代における宇宙絶対神お自らの神教であり、世界平和の根本となる悪霊の済度を真になしたもう偉大な神力を有せられ、無我で神の国建設のお役に立たしていただこうとする人には誰にでも、その法力をお与えくださり、同志は大神心におこたえすべく日夜、反省懺悔を怠らず、天下太平のお祈りを捧げて浄福に満たされた神行生活に専心しておるのです。これこそ生活に直結した真の宗教ではないでしょうか。

(続く)

神行のしるべ 大神様とはどんなお方でしょうか

1900年1月1日の朝、大神様は日本の山口県玖珂郡日積村の1農家にお生まれになりました。そして熊毛郡田布施町の北村家にとつがれて、非常にむつかしい姑につかえ、夫につかえ、農事家事にはげまれる一方、婦人会の幹部として郷土の公益につくされ、ご子息を立派に育てられて、真人間の道を歩んでこられました。1942年7月22日より宗教的な行の道に入られ、ついに1944年5月4日より、肉体に宿りたもうた神様の命のまま、救世の血の叫びを続けられています。1945年7月22日、御自宅を「天照皇大神宮教神の国建設、精神修錬道場」として、御説法を開始せられ、今日まで日本全国は言うまでもなく、ハワイや米国本土までも布教せられ、いたるところに「神の国」を建設してこられました。その御聖業をはばむ何ものもなく、日ごと夜ごとに「再生させられた神の子」は地上に栄えてゆき、あらゆる苦悩から救われて祈りと感謝の日暮らしをさせていただいております。

大神様はいつも無我の境地で絶対神に使われていられる真に神人合一のお方であります。大神様は神としての権威・神力と慈愛をことごとくお備えになっておられます。大神様こそは、人間に化身(けしん)しておられる神そのものにまします。3000年に一度咲く優曇華の花、釈迦・キリストの御再臨にましますお方です。悠久な時の流れの中にあってこうして神姿に接し、神教を聞かしていただける日は再び得がたいことでしょう。誠心持たれた方々は、すべての先入観を取り除き、心を素直にしてそのこんこんとして尽きることのない御説法、広大無辺な神教に接し、人間として生まれてきた真の喜び、生きがいを感じ、子孫永遠に生きる道を開かせていただきましょう。ともどもに世界の友と心の手をつなぎあい神の国建設のお役に立たせていただきましょう。

(続く)

神行のしるべ 世界の平和は実現するのでしょうか

大神様が私共人類にお与えになったお祈りの詞は、次の通りです。

ーーーーーー

お祈りの詞

天照皇大神宮 八百万の神

天下太平 天下太平

国民揃うて天地のお気に召します上は

かならず住みよき神国を与えたまえ

六魂清浄 六魂清浄

わが身は六魂清浄なり

六魂清浄なるがゆえに

この祈りのかなわざることなし

名妙法連結経(くりかえす)

ーーーーーー

これは私共すべて六魂を清浄にして無我の境地で名妙法連結経と祈るならば、かなら天下は太平になる。世界の絶対平和を実現させてやると、神様がご誓約(せいやく)下さった尊いお祈りでございます。したがって世界平和達成の根本は、まず一人一人が真人間になり、悪霊済度の祈りをすることにあるのです。

宇宙絶対神にまします天照皇大神宮は、人の世の末を変じて神のみ世を作ろうとなさって、大神様のみ姿をとられて地上に天降られたのでした。大神様の一言一句がすべて神言(みことば)であります。大神様の一挙一動がすべて神業(みわざ)にほかなりません。そして大神様の御足蹠すべてが神教であります。大神様の神教を素直に実行して行くならば、必ず地上に神の国が建設せられ、世界絶対平和が実現するということを、私共すべての同志は確信しているのでございます。

(続く)

 

 

 

神行のしるべ 因縁を切るとはどういうことでしょうか

人はすべて過去・現在・未来の三生因果を背負い、祖先の因果まで背負うてこの世に出て来ております。近年、科学はずいぶん盛んになって色々な発見や発明がなされておりますが、霊の研究については極めて幼稚であります。大神様は現象界と霊界を合わせて一つにした実相世界における唯一無二の指導者でございます。すべての現象界(この世)の出来事は、霊界の影にすぎないので、地上のいかなる人間も大神様によってその運命も人柄も見透かされ、神様のお眼から逃れるすべはないのです。大神様は神様の大慈悲によって、誠心持った人なら誰でもその因縁を切ってくださいます。公園の猿は鎖がついているために、自由に動くことができません。人も明るい世界に出ようとして、多くの因縁に災いされて、あがきもがきしても、幸福になれないのです。どうしたら世界が平和になるであろうか、どうしたら真人間の道を進むことができるであろうかと、道を求める人は大神様に接し、神教(みおしえ)に接し、いかなる学問の力でも切ることのできなかった因縁を、今地上に出現せられた真の救世主・大神様の神力(みちから)によって切っていただける、有難い神世(みよ)に生まれ合わしたことを喜ばなくてはなりません。そして因縁を切っていただいた人は、現職そのまま、家庭にありながら神の国建設、世界絶対平和のために、正しい、法力ある祈りを捧げて、宇宙にみち満ちている悪霊を済度(さいど)して行かなくてはなりません。それが反省懺悔して魂を磨くことと共に、なさなければならない尊い義務であり使命であります。

(続く)